電話: +33 (0) 390 207 850

Eメール: info@eclipse-glasses.com

2010年1月15日の金環日食

 

2010年1月15日の金環食の一般図

この日食は  21世紀で第8回目の金環日食です。

2大陸で部分日食を見る事ができます:
  アフリカ南アジアと東南アジア

金環食中心食線中央アフリカ共和国の領域でのみ見る事ができ、コンゴ民主共和国の北部、ウガンダケニアそしてソマリアの南部を通っていきます
インド洋を通過した後はモルディブ共和国インドの南部スリランカの北部ベンガル湾ビルマを通り、そして中国の北東部で終了します

この金環日食の特別で興味深い点はその中心食線が例にみない広幅で、通過する国によっては平均して320kmから365kmになることです
これは金環位相の継続時間と同じでありこちらも通過する国によっては7分から11分間の変化が見られます

この
金環食の部分日食は中央アフリカセイシェル共和国、そしてアジアの南部と南東部で見ることができます

 
金環日食は稀にみる光景だからこそ、観測する価値のある魅力的な光景です。
しかし、それゆえにさらに重要なのは目の保護です日光には目に有害な紫外線が含まれる為金環食の間日光を直接観察することは絶対に避けてください(见“保护您的眼睛”一章)

金環食の動画デモンストレーション


2010年1月15日の金環食の動画デモンストレーション
日食グラス - 太陽観察グラス

  • 太陽観察グラス
  • VENUSCOPE® グループ観察機器
  • ご注文書
  • 日食
  • 近年の日食観測記録
  • 今日の太陽を見てみよう!
  • お問い合わせ
  • 減光フィルター
  • 肉眼観察は危険! - 目の保護には専用グラスを!
  • 会社案内
  • 当社製品ポスター
  • Langues
    France
    United kingdom
    Mexico
    New zealand
    Japan
    China
    Taiwan
    South korea
    Vietnam
    Thailand
    Germany
    Spain
    Portugal
    Russia
    France
    United kingdom
    Japan
    China
    Taiwan
    South korea
    Vietnam
    Thailand
    Germany
    Spain
    Portugal
    Russia